スキャンサーム というステータスをあなたに

ハイクラスストーブ兵庫 マークのみ-黒.jpg

ハイクラスストーブという名前に込めた思い

世界NO.1薪ストーブをお届けします

私たち、ハイクラスストーブ兵庫は2011年より薪ストーブの販売施工を始めました。
ここ10年ほどでも日本の住宅仕様も大きく様変わりし、高気密・高断熱仕様が増えてきたように思います。
高気密・高断熱な住宅でも問題なく設置が出来る。それがスキャンサームの薪ストーブです。

ドイツでは、成功者がつけるといわれている世界最高峰の薪ストーブ、スキャンサームというブランドを取り扱い出来ることに感謝し、一人でも多くの方々に『世界の法律順守
』『安心は世界基準』『正しい情報発信』をモットーに薪ストーブをお届け出来るように、ハイクラス(一流)という名前を付けさせて頂きました。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。

DIBt-2.jpg

合言葉はDibt

DIBt認証は、ドイツ建設技術研究所によって「薪ストーブ本体の遮蔽が完全である(室内空気に依存しない = RLU)」という認可を受けた薪ストーブ本体のみに与えられ、〈気密性の高い住宅でも安心して使用できる薪ストーブ)として、唯一の安全基準とされています。
スキャンサームは、パッシブハウスや省エネ住宅など、近年の住宅性能の向上に対応できるよう、他メーカーと比較しても、セキュリティー基準をかなり高く設定して、ほとんどの機種がDIBt対応の認証を取得しています。

煙突掃除は1年に1回は行うこと

薪を燃やすと、タールやススなどが必ず煙突に付着します。

煙突内にタールやススがついている状態だと、煙突内の断面積が減少します。その結果、良好なドラフト(煙突内の上昇気流)が得られなくなるのです。また、煙突内に蓄積されたススは、ストーブから上がってくる熱い空気から火がつき、火災が起きる原因となります。

最低でも、年に1回の煙突掃除が必要だといわれています。シーズン前にきちんと掃除・点検を行うことで安心して使うことができ、シーズン後の掃除を心がければ頑固な汚れ防止につながります。

 

チムニー

排煙効率を考える

薪ストーブは、鋼板製または鋳鉄(ちゅうてつ)製の密封された箱型本体の中で、薪を燃やして室内を暖める暖房機器です。同じ意味で捉えられていることが多い暖炉は、燃焼室が囲われていないので燃焼用空気の微調整ができません。一方、薪ストーブは必要な空気量を制限し、過燃焼を防ぐように設計されています。そのため、薪が長持ちし燃費が良いというメリットがあるのです。また、薪ストーブの排気は煙突からだけとなっています。つまり、効率よく排気させるためには、煙突のプランニングとメンテナンスが重要ということです。

エレメンツ603フロント

​世界最高峰といわれるスキャンサームブランド

ヨーロッパでは成功者の方々が最終的に辿り着く 薪ストーブがスキャンサームと言われています。
 

品質、フォルム、機能性。

スキャンサームの製品は、世界一流のトップデザイナーたちの手によって、すべての要素が完璧な状態で融合されています。その証拠に、世界的なデザイン賞を薪ストーブ業界で最も多く獲得し、世界中にその功績が知られています。

NO.1 の理由

48b3bf_6fa4af7635a740c5975260a959fc8235_mv2.webp
logo-skantherm.jpg

世界NO.1薪ストーブといわれる所以

スキャンサームとは

スキャンサームの薪ストーブは、製品品質、製品設計、最高の技術的実行の最高水準を満たす高品質の家具ストーブです。
世界でも超一流といわれるデザイナーたちと、 ドイツにおける本物の職人技は最先端の技術によって作られています。

ヴルフ・シュナイダー
エレメンツ603コーナー

エレメンツシリーズ
​エモーション

​デザイナー
ヴルフ・シュナイダー

DIBt-2.jpg
シェーカー

シェーカー

​デザイナー
アントニオ・チッテリオ

アントニオ・チッテリオ
ターン

ターン

シュヴァイガー&フィラブル
シュヴァイガー&フィラブル

​デザイナー
シュヴァイガー&フィラブル

スキャンサーム
エレメンツ603フロント
スキャンサーム
エレメンツ